結婚指輪、ぶっちゃけみんないくらした?

結婚指輪の値段の相場とは

一生に一度のものである結婚指輪。女性であれば誰しもが憧れを抱くようなものですが、実際のところはどうなのでしょうか。 結婚指輪というのは、日常的にずっと付けておくという代物ですよね。よりシンプルなデザインが好まれる傾向にあり、そのため値段の相場も、婚約指輪に比べると控えめなものが多いです。だいたい夫婦合わせて20万円くらいが相場であり、つまり一本当たり10万円前後のものが一般的であるということになります。 婚約指輪が、女性の夢で出来ているようなものであるのに対して、結婚指輪は夫婦が二人で一緒に購入を検討していくというタイプの指輪です。今後の生活というものを考えながら購入することもあるため、婚約指輪に比べて値段の相場も控えめになるようです。

男性よりも女性の方が高め

結婚指輪は夫婦が共に購入するものです。結婚式に指輪の交換をする際にも用いるものであるため、二人でお互いのことを考えながら購入するというカップルが多い傾向にあります。 とはいえ、やはり男性よりも女性の方が指輪に対する思い入れも強いものです。もちろん、カップルで同じデザインのものを選ぶというケースも多いですが、女性の方が思い入れも強い分、より凝ったデザインにすることも珍しくありません。いっぽう、男性はデザインよりも仕事などをしていて違和感がないものを選ぶ傾向が強いため、シンプルなものを選ぶことが多いです。その結果、男性の指輪よりも女性の指輪の方が値段が張るということも出てき、ここに結婚指輪の相場の男女差が生まれるわけです。