何を重視して選べばいいの?

一生付けるものだから!どちらも長く愛用できるデザインを!

挙式の際に、永遠の愛を誓いながら、新郎と新婦が交換する結婚指輪は、結婚式以降、結婚の証として、左手の薬指に、常に付けているのが基本です。 日々どのような時にでも指に付けているため、生活のどのシーンの服装にも合わせなければいけないことになります。また、夫婦である以上は一生付けているものであるため、年齢に関係なく楽しめるデザインがおすすめです。そのようなことから、さまざまなデザインの中でも、一番選ばれやすいデザインが、シンプルなものです。 特に、結婚指輪は、基本のデザインがペアとなっているため、男性用と女性用とで多少はデザインに工夫がなされているものの、男女どちらも違和感なく、日常使いできるものがよいとされています。 結婚指輪は、女性の意見が通りやすいともいわれていますが、男女どちらも、一生、日々着用することができる、共に満足できるデザインを選ぶことが大切です。

結婚指輪が壊れたら縁起が悪い!?指輪は丈夫なものを!

人によっては半世紀以上もの長い間、左手の薬指に付け続ける結婚指輪は、丈夫さが重要です。永遠の愛を誓い、交換し合った結婚指輪が壊れたら、縁起が悪いような気持ちがして、良い気分はしないものですよね。 家事の度に、指輪を付けたり、はずしたりすることが、生活の忙しさなどから煩わしく感じ、指に指輪を付けたままで、炊事洗濯などを行うという人も少なくありません。365日、何年もの間、毎日、水や洗剤などに触れ続けてもダメにならないもの、質が落ちにくい丈夫なものを選ぶことは、とても重要といえます。 飾りなどが付いたデザインの場合には、何十年も付け続けることにもなる指輪として、不便がないかという点を十分に考慮して選ぶと良いでしょう。